シースリーの解約はネットより電話で!返金方法や手数料について

投稿者: | 2016年7月21日

全身脱毛のシースリー。
格安脱毛サロンとして有名ですね。
会員限定優待サイトとして、カフェやリゾートホテルの利用もできます。
キャンペーンを見て、契約をしたいと思ったけれど、やっぱり契約は止めたい場合もあります。
解約の方法ですが、もし、契約後8日以内であれば、クーリング・オフが適用され解約に応じてくれます。
この場合、手数料などはありませんが、ネットではなく、必ず電話で連絡をしてください。
文章などで、契約解約証明が必要な際には、内容証明郵便などで、解約の旨を書いて寝郵送することもあります。
詳しくはカウンセリングの時におたずねください。
クーリング・オフの場合、支払いをしたあとでも、全額返金されます。

シースリーの契約の中で、月額制の契約は、来店のたびに支払う仕組みです。
ですから、改めて解約による手数料はなく、店舗に来店するかコールセンターで解約をすることを言うだけです。

返金が発生するのは、無制限コースの中で、何回か分けて支払いをする契約をした場合です。
回数制の場合は、残った回数分の返金がありますし、手数料として返金額の10%(上限2万円)が取られます。
7万円の返金額になった場合は、63,000円が実際に返される計算です。

キャンペーンではプレゼントがあったり、割引価格、リゾートホテルの利用などいろいろあるシースリーですが、どうしても合わないということは考えられます。
会員になってみたけれど、思ったよりもキャンペーンの享受を受けられないとか、脱毛施術そのものがどうしてもダメだったなど、解約の理由は様々です。

友達に誘われてきたけれど、なかなか断れないなんていうこともありますが、解約そのものを非難されたり、無理やり契約を続けさせられるということも一切ありませんのでご安心ください。

店舗限定キャンペーンだけを受けたかったので、月額制プランの契約で数回で解約する場合もあるようです。
月額制の場合、もう行かないということが簡単にできますので、楽ですね。
ですから、カウンセリングの時の契約もそんなに大変なことと思わなくても良いです。

契約に関しても、解約、手数料もシースリーはお客様の気持ちを大切にしてくれる脱毛サロンです。
全身脱毛専門サロンですから、脇脱毛だけで良いという方などで、安いから契約してしまった方もいますが、嫌なら解約を電話などで連絡してください。
解約でとんでもないことになったとか、嫌な思いをしたという口コミなどは一切ないシースリーですから、我慢することはないようですよ。